女性への気配りできていますか??

  • 2017.9.20

’’1年以内の成婚退会’’に全力を注ぐ大分を中心に九州の「婚活」応援団!結婚相談所 Linkの佐藤です。

結婚相談所に登録するにあたって、皆さんゴール(目的)ははっきりしていますよね✨

’’気の合うパートナーを見つけ、近い将来に結婚❤️’’できるように、頑張って活動をされる訳です。

男性でうまくいかないパターンとして、
「マイペースすぎる!!」が挙げられます。

今日は結婚相談所リンクの女性会員が、これまで交際に入ったにも関わらず、その後数度お会いしてお断りを入れるようになった例をお知らせしますね。*男性バージョンはまた後日

・「来てもらって当たり前」
例えば県外の方とお見合いの場合、お見合い場所はお申し込みをした方がお受けしていただいた方のお近くまで出向くのが暗黙の了解になっています。
なので、ここでは男性・女性は関係ありません。
問題はその後、交際に入られてからですね。お互いのスケジュールを調整しながら交際をしていくわけですが、毎回女性が男性の元へ行くのはいかがかと思います。
ありがとうございます。の一言もなく、当たり前のように振舞われると、この方との先を女性は想像しにくいものです。
内面を知ろうとする前の段階ですね。

・「好き嫌いが多すぎる」
お見合い時にお食事をすることは基本ありません。
交際に入られてお食事に行った際、「あれも食べられない!これも食べられない!!」の連発にただただビックリ。
好き嫌いが多少あるのは仕方がないことです。
ただし、こちらも度を超えると女性は頭を悩ませます。
「このまま交際を続けていても、食が合わないのはキツイ」
「結婚後の生活を考えると大変そう・・・」

・「自分の話ばかりをされて疲れた・・・」
2時間ぐらい一緒にいて「ずっと自分の話ばかりで疲れました」
という連絡。これは案外少なくありません。
お相手あってのお見合い、交際です。
自分のアピールもそこそこに、お相手を知ろうとする努力は必要です。

・「仕事の話ばかり・・・」
何か話せば「仕事が忙しいから・・・」「明日も早いから・・・」「仕事でクタクタで・・・」
という感じで、逆に申し訳なくなって?
これは男性の配慮不足ですね。
女性も仕事をしています。女性も時間を作ってあなたに会っているわけです。ご自分のシンドさを話す前に、女子への気配りができるといいですね。

ついつい「やってしまっている、言ってしまっている」事ってありませんか???

女性は男性に比べると、とても現実的です。結婚相談所に登録されている女性は特にしっかりされている方が多いように思います。
その分、しっかりとした目で耳で将来一緒に助け合っていけるパートナーを探されています。
作りすぎてお会いするのも大変だと思いますが、まだ数度しか会っていない女性への気配りや配慮はとても大切です。

数度しかお会いしていないのにこれじゃ・・・この先はもっとだな・・・っと女性はスパッと見切ってしまいます。

日頃からの心がけがとても大切になってきますね。